Category : そもそも専業「主夫」とは?その現実

「せどり」で小遣い稼ぎを

毎日自宅にいる、自由な時間があるからこそできる副業としては"せどり"があります。最近はコンビニの雑誌などにも"せどりで月に○万円稼いだ"なんて見出しもあるほどせどりの知名度は高くなってきています。せどりとは、簡単に言えば『転売』です。安い商品を購入して、その商品を他の人に高く売り、その差額で利益を得るというものです。

インターネットでもこういった記事はたくさん見かけますが、「本当に副業として稼げるのだろうか」と疑問視する方も多いでしょう。はっきり言うと、そう簡単にお金を稼げるなら誰でもやっているわけですから、やはりお金を儲けるためにはそれ相応の苦労もあるものです。せどりで苦労するのは、"安く商品を購入する"という点と"売れる商品を見極める"ことです。安い商品を探しまわるのにも手間暇かかりますし、それが売れるかどうかの見極めもしないといけません。となると、仕事の片手間ではなかなか難しいものです。結果的に"副業"ではなく"本業"でなければできないことなのです。

せどりは専業主夫に向いています

売れる商品を見極めるにはデータが必要ですし、それを探す行動力も必要になってきます。せどりは誰でもできる」とはいっても、実際にできる人は限られてしまいます。それが可能なのが専業主夫でしょう。

専業主夫なら、自由な時間はたっぷりあるでしょうし、運転免許を持っている方も多く、行動力も申し分ありません。もちろん、それでも簡単に儲けられるわけではありません。いろいろな情報、アプリを駆使して足しげく店舗に通い、ようやく儲けられるものです。おそらくすぐに儲けるのは難しいでしょうが、毎日コツコツとデータ収集、店舗まわり、ヤフオクやフリマアプリなどを活用していけば、自分なりに稼げる商品に出会えることでしょう。一昔前はブックオフがせどりのターゲットになっていましたが、今はそれも難しくなっています。ただその他にも中古本屋、リサイクルショップはありますし、ヤフオクでは掘り出し物もあります。自由に時間のある専業主夫だからこそ、それができます。

忘れちゃいけない経費も計算

せどりは簡単に言えば安く買って高く売る、ということです。例えば1,000円で購入したものが5,000円で売れれば4,000円の儲けになるわけですが、こんなに利幅の大きい商品なんて滅多にありません。たいていは1商品を売って数百円の儲け、1,000円も差額があればいい程度でしょう。それを数多くせどりすることで、大きな利益を生むことになります。

そこで忘れてはいけないのは、せどりをおこなう上でかかる経費です。わざわざ車で店舗まで仕入れに行けばガソリン代は数百円かかってしまうこともあるでしょう。特にヤフオクなどで商品を購入した場合には、振込手数料、送料などが加算されます。仮に1,000円で購入したものが1,500円で売れたとしても、振込手数料や送料などで400~500円かかってしまえば、ほぼ利益はなくなってしまいます。まだ利益が少ない分にはいいですが、場合によっては経費の方が利益を上回ってしまう、つまり損をしてしまうこともあるので、せどりをする場合にはその点も細かく計算しないといけません。時間のある専業主夫なら、それも難しくはないでしょう。

Recommend