Category : そもそも専業「主夫」とは?その現実

主夫おすすめの家事便利グッズ

主夫は家事グッズにこだわる

専業主夫になってから、家事の道具が気になるようになりました。家事便利グッズの好きな男性というのは多いらしく、よくテレビでも紹介されています。先日は出演していた男性タレントが、私と同じものを使っていて驚きました。「男は道具から入るからお金がかかる」と女性には不評なようですが、毎日の家事を効率よく楽しくしてくれる道具はとても魅力的なものです。私が使っていてとてもよいと思うグッズをご紹介してみます。

キッチン便利グッズ

私は専業主夫になるまで大した料理など作ったことがありませんでした。独身時代もごはんくらいは炊きましたが、ほとんど外食か弁当です。そんな調子ですから最初に作った料理は本当にお粗末なものでしたし、みじん切りなどの繊細な作業は今でも不得意です。みじん切りは時間がかかる、大きなまな板が必要、たまねぎが目にしみると大変な事ばかりですね。

そこで私はフードプロセッサーを使うようになりました。今は1万円以下でかなりいいものが出ています。みじん切りやマッシュ、ひき肉づくり、生クリームの泡立てまでできます。ハンディにもなるタイプを購入したので、鍋の中でも使えて便利です。 最近はこれを使って朝食にスムージーを作るようになり、家族に好評です。今後は固まり肉からソーセージを作ってみたいと思っています。

洗濯便利グッズ

梅雨時は洗濯物が乾かなくて大変です。うちは節電のため、乾燥機を極力使わないように気を付けていますので、梅雨時は家の中が洗濯物だらけになります。タオルや下着類など細かいものを干す洗濯ハンガーは鴨居やドアノブ、ドア上部などあらゆるところに引っ掛けられるタイプを使っています。

さらにリビング横の和室に丈夫なポールを渡してネジで固定し、室内物干し場を作ってしまいました。これでかなりの量の洗濯物が干せるようになりました。

そうじ便利グッズ

そうじの中で一番厄介だと思うのはほこり取り。そうじをしてもすぐたまるので、きりがありません。以前は使い捨てのハンディモップを使っていたのですが、すぐにほこりだらけになって取り換えねばならず、不経済だと思っていました。そこで最近はファイバー素材のほこり取り雑巾を5枚ほど用意して日替わりで洗濯しながら使っています。これなら手軽ですし、まめに掃除してもお金がかからず経済的です。

これはグッズというより裏ワザなのですが、ブラインドの掃除をするとき軍手をぞうきんがわりにすると、とても楽です。まず、軍手をはめた手を薄めた洗剤液の中につけます。軽く水気を切って五本の指で挟んで拭くだけでOK。軍手はもう一組用意して仕上げは水だけで拭きます。

Recommend