Category : 良好な夫婦関係を保つ秘訣

主夫視点で考えるセックス

あなたはセックスについてどのように考えているでしょうか?夫婦の関係について考える際に、セックスに関する問題は決して無視することのできないものです。

残念ながら、あまりセックスについて真面目に考えたことがない、という方も多いかもしれません。かつては性に関する話題がタブー視されていた時代もあるほどですので、それも仕方ないでしょう。

しかし、性欲は人間にとって基本的な欲求の一つですので、これを解消することができないとなれば、大きなストレスを抱えて生活を送ることになってしまいます。 そこで、ここでは主夫の視点からセックスについて考えてみたいと思います。

セックスに関して夫婦で話し合ったことはありますか?

あなたは夫婦でセックスに関して真剣に話し合ったことはあるでしょうか?まったくない、と答える方も少なくないでしょう。 そこには、セックスをすることができないことがそれほど大きな問題になることはない、という考えがあるからかもしれません。

ただ、なんとなくお互いが自然と求め合うことだけに頼った性生活を送っていると、仕事に疲れてしまったから…家事で疲れているから…こういった理由からセックスレスとなってしまうことも少なくありません。

夫婦間でセックスをしないとしても、性に対する欲求が消えてしまうわけではありません。その結果として、浮気に走ってしまう可能性だって生まれます。

かつて、浮気や不倫と言うと、外で働いている男性がするものというイメージが強く世に浸透していました。 しかし、女性が外で働き、男性が家庭を守る、というスタイルで生活をしている場合、今度は女性側が不倫に走ってしまうことになるかもしれません。

この不倫によって家庭が崩壊してしまうこともあるのです。それを防ぐために、夫婦間でお互いが性的な欲求を溜め込んでしまわないように、話し合いの機会を持つこともとても大切なことなのです。

セックスレスになってしまう理由

もし、何らかの理由によってセックスレスになってしまったのであれば、それを解消するための方法について考えなければなりません。

まず、最初に考えられるのが、EDをはじめとする身体的な問題によるものです。この点に関しては、夫婦の力だけでは乗り越えることができません。無理にセックスをしようとしても自身を失ってしまうだけになってしまうでしょう。

もし、EDの疑いがあるのなら、すぐに専門の病院などで診察を受けるようにすべきです。今日では、EDは決して治すことのできない病気ではありませんので、できるだけ早い段階で適切な治療を受けるべきでしょう。

また、倦怠期などにからセックスレスになってしまうケースもあるでしょう。その場合は、お互いの抱いている不満点などを話し合ってみる機会を持つことが大切です。 夫婦間の会話がなくなってしまうと、その関係はますます悪化してしまうことになるかもしれません。 それを防ぐためにも、定期的に真剣な話し合いの機会を持つことがとても重要なことなのです。

主夫の視点から…と銘打ちましたが、どんな形の夫婦であってもここでお話したことは当てはまるのではないでしょうか? 幸せな家庭を守るために、時にはセックスについても真剣に考える機会を持つ必要があるのです。

Recommend