Category : 良好な夫婦関係を保つ秘訣

熟女がモテる時代の主夫のあり方とは?

90年代のバブル期には、お金を持っていて世の中をよく知っている中年オヤジが、若い女性にモテました。20代の男性は気のきいたフランチレストランの一つも知らないのに、中年オヤジはワインのウンチクまでとても詳しいために、尊敬されました。身を預けるならこんな素敵なおじさまに、と多くの若い女性たちが中年男性とのセックスを楽しんだものです。今は、中年女性が若い男子たちにモテモテです。「金を待っているから」ではなく、優しいから、です。

現代の若者は一定の決まりの中で生きていく習慣を身につけていて、「自由」とか「独自性」といったものが苦手です。手順通りにことを進めて一定の成果を挙げる、というスタイルに慣れています。そして、常に、「誉めてもらいたい」という欲求を強く持っているようです。「認知欲求が強い」とされる世代であり、「お手!」ができた犬がごほうびのおやつをもらって尻尾を振るように、今の若者たちは小さなことで誉められたがります。そういう期待に応えることの得意なのが、中年女性です。

時には「優しく叱る」ことで、青年たちを虜にします。若者たちは、「こんな女性の豊満なおっぱいを吸ってみたい」と赤ん坊のように憧れます。専業主夫の妻たちは、「不倫」のチャンスに取り囲まれているのです。 専業主夫はぼ~っとしていてはいけません。

妻に不倫をさせないためには…

専業主夫の妻たちには、自分が家計を支えているという自負があります。「私が食わせているのだ」と。その点は男性の場合と全く同じで、家族から尊敬され感謝されたいと願っています。その自負心に対して、常に応えておくことが大切です。「君のお陰で、わが家はやっていけている」と心から思い、日常的に言葉にします。

そうすることで、家族を大切に思う妻の気持ちが確固たるものとなり、他の男性と付き合おうなどという気持ちは起こりません。「家庭内で認められていない」と感じてしまうと、若い男子から、「尊敬しています!」「教えてください」と抱きつかれれば、性の手解きをしてあげようか、ということになってしまうかも知れません。現代の青年たちは「甘え上手」ですので、人妻の母性本能をくすぐり離れられなくしてしまいます。そうさせないためには、「感謝」が大切です。

若い者に負けない性生活を!

夫婦生活に満足していれば、女性は浮気をすることはありません。夫に愛されているという実感をもち、性的に充足していれば、他の男のペニスを食べる意味がありません。女性は一本の立派なペニスで十分なのです。ともすると、専業主夫は家事や育児にかまけて、性生活をおざなりにしがちですので、気を付けなければなりません。

週に2~3回以上の性交に加えて、マッサージなどの「サービス」も必要です。若い男子なら、一晩に何度もできます。それに負けないほどに満足させる努力をしましょう。ローションやグッズを使った愛撫など、工夫をすればさまざまなバリエーションを楽しめます。妻を悦ばせるという観点から色んなことを試してみるべきです。

今や熟女がモテる時代。専業主夫として妻に甘えているだけでは、浮気されてしまうリスクがあります。精神的にも性的にも妻を悦ばせてあげましょう。

Recommend