Category : 良好な夫婦関係を保つ秘訣

家事のルールとコミュニケーション

小さな感情の行き違いは、傷口が大きくならないうちに修復するようにします。

期待と結果のギャップ

夫婦といえども元は他人です。相手から期待されていることのすべてはわかりません。逆に自分が望むことを相手がすべて認識していることもないでしょう。

相手の気持ちをあれこれと思い悩むことが楽しみにもなる恋人同士の関係と異なり、夫婦の場合は言葉で相手の気持ちを確認し合うことが大切です。

増える家事のルール

一概には言えませんが、男性の家事は大雑把なようです。 妻から家事に関して細かい指示を受けると、うっとうしいと感じない夫はいません。掃除道具や洗剤の種類は、使う用途や場所に応じて何種類もあったります。間違えると叱られてしまいます。 そのときは、小さな声で謝るしかないでしょう。

掃除のルールには、適切な洗剤や道具のほか、頻度、間隔についての決まりがあります。エアコンのフィルター清掃は一週間置きとか、皮のソファー表面の保護剤を塗るのは半年毎に、などなど・・・。 家の中はたくさんのルールに満ちています。それらをすべて確実に行なうように命令する側は簡単ですが、実行するほうにとっては簡単なことではありません。

こまめな連絡で信頼を得る

完璧に家事をこなすことを目標にしてはいけません。いつも何かやり残しがあります。もしすべて終えたとしても、家事は日が変るとまた振り出しに戻ります。 もし急用で家事の予定がこなせないときには、早めに職場にいる妻にメールで知らせることも必要です。面倒ですが、できなくて怒られるよりはずっと気が楽です。

普段から密にコミュニケーションを取っていれば、夕食の用意が間に合わないことがわかった時点で、惣菜類を駅で買ってきてもらうことも遠慮せずに頼むことができます。困ったことが起きたときにも、 いつまでも抱え込まないで連絡をすぐに取る方が問題を小さく収めることができるのです。 夫婦に信頼関係があれば、お互いの状況をカバーして円滑に生活していくことができます。その積み重ねによってさらに関係は深まり、専業主夫としての評価も高まります。

Recommend