Category : 良好な夫婦関係を保つ秘訣

専業主夫の家事には車が活躍

最近では、若い世代の車離れが指摘されています。確かに都市部での単身生活では、車がなくても特に不便は感じないでしょう。駐車場代の負担もあり、邪魔なだけかもしれません。

しかし世帯を持ち家族が増えると、それなりに車は必要になってきます。親と同居している場合はその重要度も高まるでしょう。子供が小さいとき、車での移動はかなり楽になります。もっとも喜ばれるのは、最寄り駅までの送り迎えです。専業主夫の家事において、車は大きな比重を占めます。

食料の買い出しに車は必要

当たり前のようですが、徒歩での食料品の買い出しは重労働です。買い物カートは必須でしょう。できれば電動アシスト自転車や原付バイクを利用すべきです。雨天となれば車が活躍します。 毎日買い物に行く手間と時間を考えると、数日分の買いだめができる車は便利です。

女性や子供を夜道の一人歩きから守る役割

相手の帰宅時間に合わせてスタンバイしていなくてはなりませんが、深夜に駅に迎えに行くケースはよくあります。駅から遠ければ、雨天のときのお迎えはとてもよろこばれます。車は、家族の送迎に大活躍します。

車の維持費はそれなりにかかりますが、便利さを考えると相応のコストと言えます。専業主夫にとって、車の運転は大きなアドバンテージとなるでしょう。

同居の年寄がいる場合は必要

高齢者は、何かあったときのためにすぐに病院に連れて行ってもらえる安心感を求めます。高齢で運転をする人もいますが、高齢者の起こす交通事故は社会問題化しており、あまり推奨されません。 家族に同居する高齢者がいる場合、専業主夫は、車の運転で大きく貢献することができます。

存在価値はどれだけ家族の役に立つかで決まる

私自身は日常生活で特に家族から感謝をしてほしいと感じたことはありませんが、なにかのきっかけでその気持ちを伝えられれば、いやな気はしません。

会社員をやっていようと、専業主夫をやっていようとだれかの役に立っていると思えたとき、人は生きていることを実感するのではないでしょうか。その道具として車は大きな役目を果たしている気がします。

Recommend