Home pkz 男だからこその苦悩と悩み pkz 普通の専業主夫とはココが違う

普通の専業主婦とはココが違う

専業主夫は数が少ないため、同じ境遇の仲間に会うことは稀です。人と話をする機会も減るので、社交的な男性が専業主夫になると精神的にまいってしまうかもしれません。

普通の専業主夫とはココが違う

専業主夫になるためには従来の「男」という概念をいったん捨てて、再構築しなければなりません。

専業主夫のオバサン化

日中、一人でいることに耐えられない寂しがりやの専業主夫は、オバサン化して専業主婦たちの仲間に入れてもらうしかありません。

喫茶店で他の主婦といっしょにコーヒーを飲んでおしゃべりを楽しむのです。主人への愚痴や子供の教育、簡単にできる料理のレシピなどの話題にあくまで一人の「オバサン」として参加します。 悲しいかな、彼は「男」とは見られていません。

専業主夫の小遣い稼ぎ

世の中には家事の合間に内職で小銭を稼ぐ専業主婦がいます。子供服の古着をオークションに出品したり、趣味を生かして手作りの作品を売ったりしています。専業主夫も同じことができます。

読み終わった本がいくらで売られているかを調べ、予想以上に高ければ出品します。

人気が出そうな商品を先回りして買っておき、品薄になったときに売ります。株式売買と同じ手法です。テレビでお得な情報が流されてもすぐに対応できるように、同じ部屋にパソコンを置いて、 つけっ放しにしておくと良いでしょう。

ときおり人を不安にさせるニュースが流れることがあります。不安は大衆の購買行動に直結します。最近の事例では「N95という規格のマスクでないとPM2.5の粒子は十分に防げない」というニュースがありました。

その規格のマスクはすぐに売り切れました。メーカーで増産体制が整って再び販売されるまで品薄状態が続いて、その間、何倍もの価格で取引されました。もちろんマスクのメーカーの株価も値上がりします。
大気汚染原因物質 PM2.5 関連対策情報まとめ - Yahoo!ヘルスケア

専業主夫の持つ可能性

新しい潮流としては電子書籍の出版があります。自宅のパソコンで作成されたワードの文書ファイルがそのまま電子書籍に変換されます。 自費出版の電子書籍を数時間で世界市場に発売することが可能な時代になっています。

FXで儲けた主婦が数億円脱税したり、歌の上手な専業主婦が一夜にして世界的なプロの歌手になったりするなど、世の中は信じられないことがたまに起こります。

専業主夫のベストセラー作家誕生も夢ではありません。事実アメリカでは電子書籍の世界で主婦が売れっ子作家になった例もあります。ものは試しで、いろいろなことにチャレンジしてみては?